TOP > 講演録 > 平成28年度北海道女性医師の会:総会講演
kouen

講演録

:北海道女性医師の会が開催した講演会のご紹介です。
 

平成28年度北海道女性医師の会:総会講演会報告


(オピオイドの使い方の指導のコツ、女性脳神経外科医の歴史)
とも耳鼻科クリニック 新谷朋子

(1)オピオイドの使い方の指導のコツ

医療法人渓仁会 手稲渓仁会病院 がん治療管理センター 濱口大輔先生 に「オピオイドの使い方の指導のコツ」と題してお話をしていただきました。

内容
・若手医師がオピオイドを習得するために、指導者が若手医師の
 あいだの認識が違いがあり、そこが壁となりやすいと理解する。
・指導者が教育するメリットは患者にとっては、がんの疼痛
 コントロールが出来ること、若手医師にとっては医師への感謝が
 増えるため、満足度が高い。
・例えば、この自己肯定感は入局者の増加につながる。
・若手医師が自立すると、段階的に教育していってくれることを挙げている。

・若手医師がオピオイド利用方法での躓くこと、何回教えても
 失敗するのは、開始のタイミング、開始の説明、増量幅であり、
 スライドで、オピオイド開始チェックリスト、は目的、大前提、
 投与経路、オピオイド製剤の導入の方法、として、具体的な
 説明などをわかりやすく提示した。

kouen
濱口先生は緩和ケアの啓蒙と教育活動とともにビジネスコーチングを取り入れて、若手の育成に力を注いでいるとのことでお話も明快でわかりやすい講演でした。

濱口先生のご著書「できる!がん疼痛緩和」をメジカルビュー社から出版されています。
ぜひ、ご一読ください。


Link
(2)日本脳神経外科女医会の活動

医療法人明日佳 札幌宮の沢脳神経外科病院 笹森 由美子先生に第75回日本脳神経外科北海道地方部会でのシンポジウム「女性脳神経外科医」の講演をしていただいた。

内容
日本脳神経外科学会会員数9319人のうち、女性会員530人、1990年は脳外科医5000人の内女性は50人しかいなかった。Women in Neurological Surgeonが1990年に発足している。

現在は日本脳神経外科女医会の設立、中村脳神経外科など、女性医師支援の進んだ病院も道内には存在するその他、Hygieia(ヒュゲイア)賞という臨床と研究に秀でた先生に受賞させようという動きや、女性医師のFAQ ~相談窓口~ HPで私の経験からお役に立てること、一人で悩まないでという相談ページもつくられている。

他に最近の脳神経外科学会の動きとしては、2004年 脳外科総会の託児室設置、2005年 ejnetへの参加 などが挙げられる。

笹森先生自身の子育てと仕事の継続、キャリアの形成についてのお話もしていただいた。
娘さんが3歳のときは母親にベビーシッターとして来てもらって参加し、妊娠出産後には勤務先には優遇措置として、手術は途中まで参加し、保育園のお迎えをしてから、術後管理などだけ参加するなどのフレキシブルな対応で、キャリアを積み重ねてこられてきたとのことであった。
kouen kouen
Link


旭川医科大学皮膚科学講座山本明美教授のご講演を拝聴して

JCHO札幌北辰病院 江原亮子

kouen
2016年度北海道女性医師の会総会特別講演には、旭川医科大学皮膚科学講座教授、山本明美先生をお招き致しました。
• ニキビ治療の最新情報
• 旭川医科大学の男女共同参画
の二部構成で、いずれもお力のこもった爽やかなご講演でした。

• 「ニキビ」という身近な疾患の基礎から最新のガイドラインの解説までを解りやすくプレゼンテーションして頂きました。特に劇症型やエイズとの関連など他科の医師としても目を開かれ、診療の際に大変参考になりました。

また講演では教授のご講座の先生方の業績もご紹介され、山本先生のご指導のもと、優秀な人材が多数育たれていることを実感いたしました。

kouen
• 旭川医科大学の男女共同参画を推進する「二輪草センター」は開設一周年を迎えられ、活動状況についてご報告いただきました。共同参画の推進は、大学病院の範囲や配偶者・身近な同僚の理解・協力の域から進まれたものでした。市中病院や地域の一般病院の院長・診療部長などに医師のワークライフバランスについて認識を新たにして頂き、院内保育は勿論、病児保育についても環境の整備を推し進める、「イクボス」養成に賛同の声が上がりました。「イクボス」は「イクメン」の地域社会型と言えます。医師不足が叫ばれながら、仕事の重責と育児をはじめとする私生活の両立は今なお、女性医師のまえに立ちはだかります。従来個々人で解決せざるを得なかったことが部分的にでも社会的な協力で解決できれば、医師として一層の成長が可能になります。「イクボス」が改革を進めることで病院の評価も上がり発展につながるという主旨です。画期的で重要なご提言で、貴重な人材活用という根源的な問題と不可分なことを強く感じました。

kouen
特別講演の充実の一時間は、瞬く間に過ぎました。
山本明美先生と旭川医科大学皮膚科学講座・「二輪草の会」のますますのご発展をお祈りして、感謝にかえさせていただきます。


平成28年度北海道女性医師の会:総会講演(開催案内)


北海道女性医師の会総会講演会のご案内
日頃、私達の活動に深いご理解とご協力をありがとうございます。これらの活動を通じて、たくさんの方と出会い、学び、そして社会へ貢献できることに喜びと心からの感謝を申し上げます。そして、会員のお一人お一人のご活動にも目を見張る発見がございます。また目的を共にする団体とのつながりも大切に紡いで参りました。このたびの講演会は、北海道女性歯科医師会と同時開催となっております。どうぞ楽しみにいらして下さい。

会長 澤田 香織

日時  平成28年 4月 16日 (土)
総会    17:00 〜 18:00
講演(1)(2) 18:00 〜 18:30
特別講演  18:30 〜 19:30
懇親会   19:30 〜 21:30(医師会、歯科医会で別途開催)
場所    札幌グランドホテル 札幌市 中央区北1条西4
※ 懇親会費は社会人1万円、学生・研修医は無料となっております。

講演(1) オピオイドの使い方の指導のコツ
     医療法人渓仁会 手稲渓仁会病院 がん治療管理センター 濱口 大輔
講演(2) 日本脳神経外科女医会の活動
     医療法人明日佳 札幌宮の沢脳神経外科病院 笹森 由美子
両講演座長 とも耳鼻科クリニック 新谷 朋子

演題 ニキビ治療の最新情報と旭川医大の男女共同参画
座長 独立行政法人 地域医療機能推進機構 札幌北辰病院 江原 亮子先生
旭川医科大学病院 皮膚科学講座 教授 山本 明美先生

演者略歴
旭川医科大学皮膚科医局に所属し、大学病院、関連病院を歴任され、大阪大学、英国ロンドン大学セント・トーマス病院研究員留学、平成19年より旭川医科大学復職・子育て・介護支援センター、副センター長の活動をされ、平成25年4月よりセンター長、平成26年7月より現職。旭川医科大学初めての女性臨床教授となる。

用意の都合上、同封のハガキ、またはメール、FAXで、
4/1までに参加コンテンツのご連絡をお願い申し上げます。
また、懇親会以外に関しましては、当日参加も歓迎いたします。

事務局連絡先
事務局【セントラルCIクリニック】塚本 江利子
住所: 060-0042 北海道札幌市中央区大通西17丁目1−27
ホームページ:http://www.hmwa.jp/
メールアドレス:info@hmwa.jp Fax:011-623-1132
Link
Link北海道女性医師の会 総会講演ご案内(PDF)
kouen

Link


Link講演録トップ [ 目次 ] ページへ戻る

pagetopページTOPへ
COPYRIGHT@HOKKAIDO MEDICAL WOMEN'S ASSOCIATION. ALL RIGHTS RESERVED.