TOP > TPICS > 旭川医科大学 二輪草センター
topics

トピックス

:女性医師に関するさまざまな話題をご紹介します。
 

旭川医科大学 二輪草センター
(復職・子育て・介護支援センター)

復職支援研修担当医師 堀 仁子

平成19年10月1日に旭川医科大学病院に復職・子育て・介護支援センター(二輪草センター)が開設されました。
これは文部科学省の「地域医療等社会的ニーズに対応した質の高い医療人養成推進プログラム」に採択された『育児と介護をささえるオールホスピタル計画―5段階教育プログラム「二輪草プラン」で安心復職―』を実施するために設置されたものです。

センターの仕事はおもに2つの部門から構成されています。1つは復職支援研修部門で、出産、育児および介護のために休業中および休業予定の医師及び看護師等に、潜在人材登録をしてもらい、復職に必要な情報を提供し自学支援を推進後、現場復帰を図ります。
医師の場合、復職を希望する各所属科の研修プログラムをe-learningシステムやDVDなどで自学学習後、計5段階の実地復帰へ向けたプログラムを経て円滑な復職への支援をします。
看護師の場合も、看護部の協力を得て当院での勤務が初めての場合と過去に勤務経験のある両者に対し各々復職プログラムを準備しています。

センターの仕事のもう1つの役割は、子育て・介護支援部門です。看護師の場合、子供の急な発熱時などに備えたバックアップナースシステム、医師の場合は、代替医師が急に確保できないことが多いため、仕事の引継ぎまでの間、保育士の資格を持つコーディネーターも雇用しているセンターが病児一時預かり室の役割も果たします。
他に旭川市の子育て支援制度・介護施設との連携窓口としての役割も担っています。
また、すでに職員の悩み相談カウンセリング室として利用されつつあり、とくに育児と仕事のバランスに悩んだり、他のスタッフに気兼ねしたりしながら現場で働いている声を聞くたびに、本センターの役割の重要性を感じています。

■二輪草プランの詳細はこちら

Link旭川医科大学:二輪草センター
本センターはセンター長、副センター長の他、センター職員は私を含め専属で3名が勤務しております。また、二輪草プラン推進委員会を月1回開き、各科の医師、看護部、事務と熱い議論を交わしています。病院が一丸となって復職・子育て・介護のサポート体制を整えていくことが、最終的にすべての医師・看護師等にとっても働きやすい病院へとなることを願って日々センターは努力しております。
さあ、あなたも旭川医大病院で復職してみませんか?



LinkTPICSトップ [ 目次 ] ページへ戻る

pagetopページTOPへ
COPYRIGHT@HOKKAIDO MEDICAL WOMEN'S ASSOCIATION. ALL RIGHTS RESERVED.